令和2年度

足立高校でできること

 

SNS足立高校ルール

詳細はこちらをご覧ください → 

令和2年度

随時更新していきます。

卒業式new024_21

 3月6日(土)に令和2年度卒業式が執り行われました。今年度は、新型コロナウイルスの影響で、多くの行事を行うことができませんでした。しかし、最後に保護者の前で、立派な姿を披露することができました。卒業生は、一人ずつ学校長から壇上で卒業証書を授与され、緊張した面持ちのなかにも晴れやかな表情で証書を受け取っていました。普通科38名、商業科9名、合計47名の生徒が足立高校定時制を巣立ってゆきました。卒業生の皆様、保護者の皆様、ご卒業おめでとうございます。
  

2学期進路週間(12月)

第1学年

 12月21日は右脳・左脳の使い方と各自の特性を知るワークを外部から講師をお招きして実施しました。はじめて知る内容で、驚きながら生徒は取り組みました。
 12月22日はネガティブな面をポジティブなそれによみかえる講座を外部から講師をお招きして実施しました。生徒もいろいろな人の失敗談から学ぶことが多かったようです。
 12月23日はパラリンピックの競技のボッチャを体験しました。なかなか理解を深め、楽しめた様子でした。この間の特別授業でよい時間を、生徒は過ごすことができました。

第2学年

 2学年は12月21~23日まで、3日間以下の進路行事を実施しました。
    21日 ハローワーク足立就職支援ナビゲータ 中村征矢 「卒業後の進路を考え始めよう」
    22日 NPO法人若者就職支援協会 「ネガポジ流自己分析未来ワーク」
    23日 ジャパンエデュケンションラボ 「企業探求」
 講話やプログラム、アンケート、自己分析・自己判断、ワークシートの取り組み、友人との意見交換などを行いました。これらを通じて、自分自身の進路活動に向けた意識の改革やヒントなどが見つかったかもしれません。4年生の進路活動まではまだ時間がありますが、コロナ禍における就職状況は日々変化しています。様々な状況にも対応できるように、進路指導を通じて準備していこうと思います。
  

第3学年

12月21日  求職活動支援セミナー
 講師は東京しごとセンターの職員3名にお願いしました。今回は求人票を読む上でのポイントをメインに教えていただきました。これまでの進路学習より実際的な内容に踏み込んだものになり、生徒は興味深く聴いていました。
12月22日  労働法規と社会保険について
 講師は東京都社会保険労務士会の方5名にお願いしました。給与明細の見方、憲法や労働基準法、育児・介護休業法など働く人が知っておくべき法規を分かり易く解説していただきました。専門家の方が語る授業はよりリアルに生徒に伝わったようです。
12月23日  面接指導
 講師はNPOコアネットの方7名にお願いしました。今回は面接に臨むコツを入退場の仕方から志望動機などの答え方まで具体的な内容を講義いただきました。後半は模擬面接を行い、面接官と受験者、観察者の役割を順番に担当しました。他の人の面接を見ることは勉強になったようです。
  

第4学年

12月21日(月)  芸人から学ぶコミュニケーションのコツ
 足立区生涯学習センター主催で、浅草を中心に活躍されている芸人さん3組が講師となり、笑いあり、学びあり、成長ありの講演を実施していただきました。主に、聞くこと・話すこと・伝えることをペアになって表現していきました。また、芸人さんのネタやトークが面白く、印象に残る内容となりました。
12月22日(火)  人間関係を創る!他者理解を深めるためのワークショップ
 足立区生涯学習センターから派遣された講師に来ていただき、ファシリテーターと共にペアやグループを中心に相手を理解するためのワークを体験しました。どのような態度で聞くことがいいか、どのように話すと聞いてもらえるか、話が伝わりやすいコツは何かを講師のスピード感ある進行の中で生徒は表現しました。これから社会人になる生徒にとっては、少し気楽に人間関係を考えられるようになったのではないでしょうか。
12月23日(水)  自立した消費者になるために
 (株)クレディセゾンから講師に来ていただき、卒業後に使う可能性が高いクレジットカードについて、講演していただきました。前半は、現在話題のキャッシュレス決済とクレジットカードについての講義と個人・ペアでのワークを行いました。後半は、クレジットカードを持つことで巻き込まれる可能性のあるトラブルやその対処方法について講義とワークを行いました。生徒もすでに持っている生徒、これから持とうとしている生徒など、それぞれの視点で学んでいる様子でした。

スポーツ大会週間

第1学年

 令和2年11月4日(水)、1学年のスポーツ大会が開催されました。
 前半は男子:ドッヂボール、女子:バドミントン(ダブルス)の競技、後半は男女混合でビーチバレーボールを行いました。入学して初めての行事、みな楽しそうに汗を流していました。特にビーチバレーボールはクラスの垣根を越えて、いろいろなチームができました。ビーチボールの不安定な動きが、ゲームをさらに面白くさせていました。
 準備や後片付けも協力してくれて、無事終了できました。
 

第2学年

 令和2年度の秋のスポーツ大会は学年ごとの開催となりました。2学年は、初日に当たる11月2日(月)に本校体育館で実施しました。
 種目は、玉入れ、フリースロー対決、フットサル、ドッチビーです。玉入れは、カゴを背負った生徒がバレーコート内で玉を入れないように逃げ回ります。2分間はかなり永く感じられたようです。フリースロー対決は2投してシュートしたら勝ち残り戦で行いました。フットサルは男子のみで、ドッチビーはクラス全員で行い、クラス対抗戦で実施しました。
 結果はフリースロー対決のみC組が優勝し、他の3種目はB組が優勝しました。担任団で用意した景品をGETして、B組みんなの笑顔が印象的でした。1日中、様々な種目を取り組み、スポーツの秋にふさわしいとても充実した1日となりました。
 

第3学年

11月5日(木)、第3学年のスポーツ大会を行いました。
新型コロナウイルスの影響で、今年度は学年単位での実施となりました。
委員を中心に種目やチームを決め、フットサルとドッヂボールを行いました。
「怪我をしない・させない」「やってよかったと思える行事にしよう」を心がけ、
準備・運営・片づけまで、生徒中心で行うことができました。

第4学年

体育祭
 今年はここまで新型コロナウイルスの影響で、行事を実施することができませんでした。文化祭も中止ということで実施できる行事を検討した結果、体育祭を実施することになりました。
 生徒は10月から5回の準備で看板や得点版を作成し、種目、ルールなどを決めました。そして、11月6日(金)に体育祭当日を迎え、天候にも恵まれ、無事終えることができました。
 生徒は、普段の様子とは違い、意外にも団結して各種目に取り組んでいました。また、後半に実施した大縄跳びと全員リレーは白熱した勝負となりました。最終得点も内容と同じく接戦となり、最終得点は以下の通りとなりました。高校生活最後の思い出に少しはなったのではないでしょうか。

(チーム名) vs (チーム名)

 北 谷 組 vs ナカジ(仮)

505 - 500

【第2学年】スポーツレクレーション

 令和2年度は、これまで主な学校行事が中止となりました。2学年ではクラス替えや転入生など、新しい友人と交流を深める機会がありませんでした。そこで、スポーツの秋として9月23日にビーチボールバレーを、10月21日にドッチビーを行いました。
スポーツ大会で馴染みの種目ですが。今回は内容の一部を変更して行いました。ドッチビーではクラスを超えたチーム編成をして、いつもと違うメンバー同士で競技を行いました。また、試合中の人数も増減があり最後まで結果が分からない白熱した試合となりました。
 11月2日には2学年のスポーツ大会があり、それに向けた事前の練習も兼ねることができました。普段、教室では見られない生徒たちの動きや表情を見ることができました。少しずつですが日頃の学校に戻りつつあるように感じました。

2学期進路週間(9月)

【第1学年】自立支援教育プログラム

自転車事故や交通事故をテーマにした講演
 9月23日1時間目、講師栗山先生をお迎えして、自転車事故の実例と保険・保障についての講演を聴きました。身近なテーマで生徒も感心したり聴き入ったりで、有意義な時間を過ごしました。

【第4学年】自立支援教育プログラム

 9月25日(金)の1限に(株)マイナビから講師に来ていただき、「表現力講座」を実施しました。内容は、就職・進学に向けて、志望動機や自己PRを「どのように構成して相手に伝えるか」ということでした。文章を洗練させることや具体積なエピソードを交えることなど大切なことを教えていただきました。

 9月25日(金)の2~3限に(株)トップアスリートから講師に来ていただき、「一瞬で信頼を勝ち取るコミュニケーション術」を実施していただきました。1コマ目は、元NHKアナウンサーの方に第一印象の大切さや種類(見た目・話し方・話す言葉)について、講義と実演をしていただきました。生徒は、実演を見ることで、第一印象が面接においてどれだけ大切か体感している様子でした。2コマ目は、面接を想定したオーディション大会を行い、生徒が互いにアドバイスし合い、最後は全体への発表も行いました。

【第4学年】模擬面接

 10月16日(金)から開始する採用選考に向けて、専門学校・大学の受験に向けて、9月23日(水)24日(木)の2日間で模擬面接を実施しました。就職の生徒は普段着ている私服とは違いスーツ姿で登校し、緊張している様子が見られました。これまで十分に準備してきた生徒や応募する企業が決まったばかりの生徒など完成度には差がありました。しかし、何度もアドバイスを受け、改善することによって、最初との印象は段違いでした。
いよいよ10月16日(金)から採用選考が開始します。また、受験の場合も面接試験がもうすぐです。生徒一人ひとりが力を発揮できるように指導を続けていきます。

【第3学年】自立支援教育プログラム

9月23日
テーマ 共生生活(ピアサポートしぶや)
 講師は主任訪問支援員の辻本敏也さんでした。障がいがある方に接するお仕事をされている中での喜び、楽しいこと、そして辛いことをわかりやすくお話しいただきました。現場の方の生のお話を聴くことができ、バリアフリーに関して考えるきっかけになりました。

9月24日
テーマ 進路選択(面接試験について)
 講師は昭栄広報から進路アドバイザー武藤ひろよさんにお願いしました。これまで進路についての講話はありましたが、進路選択に関するものがメインでした。今回は踏み込んで実際の就職試験における面接の突破術を教えていただきました。入室・礼・座り方など詳細にわたって、実際にやってみながら覚えました。

9月25日
テーマ 芸人から学ぶコミュニケーションのコツ
 講師は足立区生涯学習センターから芸人3組の方に来ていただき、漫才・落語を交えながら、自分の長所を発見するコツ(短所も長所に変えられる、など)をお話しいただきました。笑いの絶えない楽しい時間はあっという間に過ぎ去っていきました。自己理解は進路選択にも必要なことで、昨日の講話と合わせとても意義のある講義になりました。

  

【第4学年】自立支援教育プログラム

 9月2日(水)9日(水)16日(水)の全3回で、「面接のロールプレイ」を実施しました。講師は、NPO法人ドラマケーション普及センターの方々に来ていただきました。第1回は、講師との交流を交えながら、相手に「伝えること」をメインに様々なワークを行いました。第2回は、生徒同士で、面接官・受験者・助言者に分かれ、少し楽しみながら面接練習を行いました。そして、第3回は、前回の流れを踏まえて、より真剣に模擬面接のような形で本番を想定して実施しました。生徒同士の面接練習でも緊張した様子を見せていました。また、面接官役を通して、面接時どのようなことがみられているのかという視点も学ぶことができました。

健康診断

 今年度は、新型コロナウイルス感染症の影響で4月に実施できていなかった健康診断を、9月2日(水)3日(木)の2日間に分けて実施しました。

始業式

 2学期のスタートは、例年と同じ9月1日(火)に無事迎えることができました。始業式は放送で行われ、生徒は各HR教室でクラスごとに参加しました。

4年生の模擬面接

 8月20日(木)21日(金)の2日間で実施しました。生徒は、面接中緊張しながらも、準備してきたものを出し切っていました。
今年度の進路活動は、新型コロナウイルス感染症の影響で、社会情勢も変化が大きく、生徒も多くの不安を抱えています。しかし、進路実現ができるように一人ひとりに合わせた個別の進路指導を心がけていきます。

1年生を迎える会

 令和2年6月3日(水)本校体育館にて、1年生を迎える会を挙行しました。普通科27名、商業科9名の1年生を迎え、学校長からの挨拶、担任紹介を行いました。コロナウィルス感染防止のため、1年生生徒と教職員のみでの会となりました。
   

↓↓過年度の教育活動はこちら↓↓

令和1年度 教育活動
平成30年度 教育活動