学校長挨拶

校長写真web

校長 井上 隆

全日制課程 (定時制課程はこちら)

校長挨拶

本校は、教育目標を「学業を第一として自ら進んで教養を高め、健全な精神と身体を養い、よりよい人生と社会を建設する意欲にあふれた人間を育成する」として教育活動を行っています。
28年9月に、老朽化した校舎、体育館などの体育施設及びグラウンドの大規模改修工事を終了しました。そして、多くの都立高校の中でも特に素晴らしい教育環境を整えた学校となりました。
生徒は、このような素晴らし環境の中で充実した高校生活を送っています。学業に取組むことはもちろん、6月の体育祭、9月の文化祭「弥生野祭」や2月の「合唱祭」などの学校行事にも積極的に取り組んでいます。また、ほとんどの生徒が部活動に所属し、様々な大会や展示会・発表会などの機会で活躍をしています。
是非一度、本校を訪問いただき、生き生きとした生徒の姿をご覧ください。

地域の伝統校

足立高校は、間もなく開校100周年を迎えようとする地域の伝統校です。地域の皆様からの信頼と協力を受け、また多くの卒業生を抱える同窓会やPTAの皆様からの支援を得ることによって、生徒たちは伸びやかに高校生活を送っております。

現在、引き続き「変革中」

大規模改修工事を終了しましたが、引き続きハード面だけでなく、教育活動の内容に改革を進め、より良い教育活動を提供できるように「変革中」です。
特に平成28年度から3年間、東京都教育委員会から「都立高校普通科中堅校における学習指導・進路指導に関するモデル校」の指定を受けました。モデル校としてベネッセ・コーポレーションと連携を図りながら、より良い授業づくりと充実した進路指導への改善を通して、生徒の自己実現に向けて、変革を進行中です。

学業第一

高校生活の基本は、学業です。普段の授業を大切にしながら、大学と連携した土曜補習講座、予備校のライブ授業(土曜日に実施)などに参加し、多くの生徒が学びの時間を作り出しています。また、全学年で朝学習を実施したり、夏休みなどの長期休業中には、多くの講習を設定したりして、生徒の学力向上を図っています。さらに、モデル校として、放課後自習教室に大学生の「チューター」を導入し、勉強の仕方や学習内容についての支援をしています。

部活動の活躍

足立高校は、都内でも有数の広い校地を有しています。多くの運動部が活発に活動しており、多くの大会において優秀な成績を収めています。また、文化部の活動も盛んであり、大会における活躍のみならず、地域活動への貢献も行っています。

夢の実現

生徒一人一人の個性を尊重したオーダーメイドの進路指導を展開しています。生徒の夢の実現に向けて、適性の把握、最新の進路情報提供、様々な進路指導プログラムを実施しています。